TAMRON 11-20mm F/2.8 Di Ⅲ-A RXD 開封レビュー

EマウントAPSC用レンズ初の広角大三元である「TAMRON 11-20mm F/2.8 Di Ⅲ-A RXD(Model B060)を購入したので、開封レビューします。

 

f:id:sajibe:20211105232155j:plain

まずは箱

f:id:sajibe:20211105232210j:plain

外観

かなりコンパクトです。

スペック(TAMRON公式サイトからの抜粋)

焦点距離:11-20mm (フルサイズ換算:16.5-30mm)

・解放F値:2.8

・最短撮影距離

  0.15mm(WIDE)

  0.24mm(TELE)

・最大撮影倍率

  1:4(WIDE)

  1:7.6(TELE)

・フィルター径:Φ67mm

・最大径:Φ73mm

・長さ:86.2mm

・質量:335g

 

広角レンズだけあって、前玉は多少出っ張っていますが、フィルターは普通に装着可能です。

f:id:sajibe:20211105234539j:plain

前玉は多少出っ張っています。

f:id:sajibe:20211105231821j:plain

フィルター装着可能

全長は20mmの時が最短で、11mmで最も長くなります。(+15mmくらい)

f:id:sajibe:20211106002548p:plain

α6400に装着するとこんな感じ。

※マウントに装着するとき、かなり硬いです。(個体差かもしれませんが)

f:id:sajibe:20211106004021j:plain

α6400に装着

f:id:sajibe:20211106004028j:plain

フード付きで11mmにした状態

まずは1枚撮影

f:id:sajibe:20211106005327j:plain

SIGMA18-50mmのレンズキャップ

このレンズも他のTAMRONレンズと同様最短撮影距離が短いです。

f:id:sajibe:20211106004036j:plain

上の写真はこんな感じで撮っています。

写真は載せていませんが、ワイド端11mmだと自撮りもかなりしやすいです。

α6400とこのレンズで約740gですから、持ち運びはしやすいと思います。

 

これで、先日購入したSIGMA18-50mm F/2.8と合わせて、広角、標準と大三元レンズが揃いました。(TAMRON70-180mm F/2.8も所持している為、望遠もあるのですが、APS-C専用でもう少し軽いのをTAMRONさん出してくれないかな。)

 

あとは、買ったは良いが、子供撮りが主な私にとって果たして必要なレンズかどうかです。。。APS-C用とは言え、「大三元」という響きは魅力的です。